2017年06月30日

メリーメリーおとまりにでかける

二宮 和也様へ
本「メリーメリーおとまりにでかける」をご紹介します。こういう本があることを、お伝えしたいだけです。

5 人兄弟の末っ子「メリーメリー」と私の性格、ちょっと似ているのです。
posted by ポポラマチニ at 14:00| 東京 ☔| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

イスタンブルで猫さがし

読者様へ
表紙の絵に視線が吸い寄せられて、手に取った、本「イスタンブルで猫さがし」をご紹介します。

DSC_1156.JPG

海外で子供達だけで遊ばせるのは心配なことから、大人が登場する小説です。父と娘の遊ぶ様子が心地好く、見所だとお伝えしたいです。



ここで、国旗・国名・首都の覚え方をご紹介します。

「取る子 杏から(トルコ・アンカラ)」

母「杏」から子を取るドラマを想像します。もちろん、犯人は犯人ではなく、すごくいい人です。子から病をのけて返してくれるハッピーエンドを想像しましょ。月が杏,星が子。
posted by ポポラマチニ at 16:25| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

私の新習慣?

相葉 雅紀様へ
6 月 29 日も、9 時から 10 時まで、望みと似た場所にて。雅紀さん、おしゃれね。
posted by ポポラマチニ at 11:34| 東京 ☔| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

私の習慣

相葉 雅紀様へ
6 月 28 日、9 時から 10 時まで、望みと似た場所にて。
posted by ポポラマチニ at 08:56| 東京 🌁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

解かれるバリア

嵐へ
『あの人のせいで会えないんだ』と、考えない方がいいと思いますよ。いじわるな人は、いじわるなだけ。私のバリアが、正しく働いているだけ。



駅前に、信号機のない横断歩道があります。駅に向かう人々と、駅から出て行く人々で、車はなかなか進めません。運転手が困っています。

私は、必ずと言っていい程、車が進めるよう止まるのです。特にタクシーやトラックなど明らかに仕事中の車を見ると、働けるすばらしさを知っている私は敬うのです。先に通っていただけると、とても嬉しくなれます。

そういう行いをしたがる人を、私は好みます。まったく気付かない人のことは、人間として認めていません。おばけちゃんです。明日不慮の事故で死ぬことを予知しても、教えません。教えようとしたところで、あの私に禁止されます。振り切って、「明日は私の家で遊びましょう」と誘っても、「ごめん。出掛ける用事があるんだ」と断られるでしょう。死ぬのが遅かったくらいなのでしょうから。



こういう文章をご覧になると、会いたい気持ちも冷めてくるでしょう? 嵐がいい人なのはよく知っています。でも、『まだ覚悟が足りないな』という感じになってきませんか?

ビビヤンリー 2015 年 12 月 19 日分で、バリアはもうないとお伝えしたのに、ありましたね、ごめんなさい。「戦わずに躱す」「私の力を借りない」。ここがきちっと出来たら、バリアなんてせずに済みます。だいぶ出来ていますから、あともう少し、お願い致します。6 月中に全員と会えたら最高ですね、私もそう思いますよ。
posted by ポポラマチニ at 13:28| 東京 🌁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

芽生える

今日は智がブチキレた日で、私はとっても嬉しくて、この時間まで内緒にしていた。そろそろ、潤に鏡処分してもらおう。

きっかけは、今朝の「あさイチ」。ずっととってもいい内容。最後の方で紹介されたメールでブチキレた智とポポラマチニ。

メールの送り主は、ネットに弱く、ビビヤンリーをご存じない方。その内知れば、ポポラマチニを大事に大事に思ってくださる智の大ファン。あなたは何も悪くない。

NHK も悪くない。どうしても、智に、40 代になったら結婚したいかどうか訊かなきゃいけない事情があった。智は上手に無視した。偉い!

私は智にワクワクする。今夜はミュージックステーション。私の心を離さない嵐。
posted by ポポラマチニ at 18:46| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

私の習慣

大野 智様へ
6 月 21 日、前回と同じ所,同じ時間に参ります。

他の階での用事を早めに済ませて、あらかじめ地下に居るようにします。あの地下を、心底好きになったからです。

私しか居ないはずですが、智様は無理におしゃべりなさらなくて構いません。私の向かい側にでも座り、時々ニヤニヤし合いましょう。お気軽にお越しください。

そうそう、雨があんまり降っていたら、止めるかもしれません。傘立てがなく、濡れて重くなった傘があると疲れるのです。それと、私は智様に会いたいと思っていません。会いたがらないからといって、会ってはいけないということにはなりません。私には、誰かに会いたいという欲求が、全然ないようです。
posted by ポポラマチニ at 14:13| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

お誕生日 詩

二宮 和也様へ
お誕生日、おめでとうございます。詩を作って、プレゼントします。

にのちゃんに 花束贈ろう
花言葉調べずに まっすぐに贈ろう
その時生まれた言葉が 僕らの花言葉
「びっくり!」
驚き控えめの 嬉しさいっぱいの 「びっくり!」

にのちゃんに 歌声贈ろう
聞き慣れない歌声 耳元で贈ろう
その時生まれた言葉が 僕らの合い言葉
「あいしてる」
愛情控えめの 音量小さめの 「あいしてる」
posted by ポポラマチニ at 04:33| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

嵐のパラダイス

嵐へ
母と私は、大変仲のいい母子に見られます。心に決めたお店の店員さんからも、「お嬢さんを怒ったことなんてないでしょう?」と、褒めていただきました。

実は、大喧嘩を、ずっと、ずっと、ずっと、ずっと、してきて、いよいよ喧嘩をし切った母子なのです。小学生の頃には、「どうして私を産んだの!?」と、困らせてきました。祖父母や父の念で、体が苦しかったのでしょうね。私よりも体が悪い母に、怒りや悲しみをぶつけてきました。

ところが、私にも大昔に大事な智・和也・翔がいたことを思い出したのです。過酷な運命を受け入れた上で、自ら望んで育てようとした 3 人です。新世界を共に生きる「彼氏」を 3 人育てていたのです。母にその件で悩ませることは、二度となくなりました。



喧嘩は、大変疲れます。嵐と私は、紙やインターネットの上で出来たから、本当に良かったと思います。嵐のお考えは存じませんが、私は喧嘩をし切れたと自信を持っています。

もし、そんなこと絶対にないと信じているけれど、もし嵐が誰かといきなり結婚してしまっても、私は耐えます。植物のように賢い人間ですから、去る嵐を追い掛けてエネルギーを使うなんてこと、控えます。作詞は努力してあげましょう。

気の合いそうな人を見つけたら、私に遠慮せず仲良くなさってください。特殊能力が身に付くと、どうしても人の嫌な面を知りがちです。好きな人が見つかったことを、私は一緒に喜べる人間です。だけど、悪さを隠し持っている人もいるから、充分に注意なさってね。



私に過去の償いをしたい時は、次のようなことをなさるといいでしょう。

1. よく考える。意訳し続けてきた苦労を、嵐もしてくださったら、慰められます。

2. バリア協力。「作詞家」「嵐と付き合っている」で、かなり守られています。人は近付きにくいし、『付き合えるかも』にもなりにくいでしょう?

3. 勉強。どれ程私は喜ぶでしょう。最高ですね!



要するに、私の心の傷が深いとしても、何とかなるということ。安心なさってください。絶対に私を妊娠させないでください。今この場で約束出来たものとし、喧嘩終了宣言致します。
posted by ポポラマチニ at 13:16| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

私は大野 智が大好きだ

6 月 13 日、智と会うまでに読み切ってしまいたい本「確率を知らずに計画を立てるな」で、必死に数学をしていた。人間的感情がなくなったと錯覚する程、頭の中は数式でいっぱいになった。『私はこういうことをしたかっただけなのに…!』と、2,3 秒、私の自由を奪った祖父母や父を恨んだ。

その夜、祖父母や父をおかしくさせた人物が誰かわかった。今は亡き親族だ。あの人が黒幕なら、誰も不思議がらない。やはり、私は答えを見つけることに幸せを覚える。すてきな本に出合えて嬉しかった。

14 日、黒幕を見つけた精神的疲労もあってか、智に会いたい気持ちもないまま、望みと似た場所へ行った。数学を始める前、つまり 13 日の昼間に、わくわくして用意した服だ。見ための華やかさとアンニュイな私が混ざり、よく見てきた私らしさが漂っていた。

案の定、智とは会えなかった。さすがに私も悲しくなってきた。

自宅に戻り、昨日や今日のことを振り返る内に、私は 1 つの答えを見つけた。私は、人に好かれて恐い思いをするということを繰り返してきた。だから、人に嫌われて無視されたいと、心の底から願っているのではないか、と。

私が悲しがったのは、智にここまでのことを理解させようとするのも無茶な話だと感じたからだろう。薄々気付いてはいたものの、私の心の傷は深すぎたのだ。よくわかっていない私は、智とニコニコ会えるとばかり思っていたのだ。

ある雑誌に、理想の夫婦像を智に語らせるものがあった。私は、『雑誌はポポラマチニを知っているが、智にはっきり聞けないから、回りくどい質問をするしかないのだな。智の言いたいことは、「そういう人に出会うことはなかなかないだろうなぁ。だから、そういう人であるポポを大事にしたいなぁ!」だろう』と意訳した。嵐と知り合ってから、ずっとこれだ。疲れた。

答えを言える環境が、私にはある。智にはない。事態は深刻だ。だが、それでも、明るい未来しか見えない。
posted by ポポラマチニ at 14:02| 東京 🌁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする