2017年06月16日

嵐のパラダイス

嵐へ
母と私は、大変仲のいい母子に見られます。心に決めたお店の店員さんからも、「お嬢さんを怒ったことなんてないでしょう?」と、褒めていただきました。

実は、大喧嘩を、ずっと、ずっと、ずっと、ずっと、してきて、いよいよ喧嘩をし切った母子なのです。小学生の頃には、「どうして私を産んだの!?」と、困らせてきました。祖父母や父の念で、体が苦しかったのでしょうね。私よりも体が悪い母に、怒りや悲しみをぶつけてきました。

ところが、私にも大昔に大事な智・和也・翔がいたことを思い出したのです。過酷な運命を受け入れた上で、自ら望んで育てようとした 3 人です。新世界を共に生きる「彼氏」を 3 人育てていたのです。母にその件で悩ませることは、二度となくなりました。



喧嘩は、大変疲れます。嵐と私は、紙やインターネットの上で出来たから、本当に良かったと思います。嵐のお考えは存じませんが、私は喧嘩をし切れたと自信を持っています。

もし、そんなこと絶対にないと信じているけれど、もし嵐が誰かといきなり結婚してしまっても、私は耐えます。植物のように賢い人間ですから、去る嵐を追い掛けてエネルギーを使うなんてこと、控えます。作詞は努力してあげましょう。

気の合いそうな人を見つけたら、私に遠慮せず仲良くなさってください。特殊能力が身に付くと、どうしても人の嫌な面を知りがちです。好きな人が見つかったことを、私は一緒に喜べる人間です。だけど、悪さを隠し持っている人もいるから、充分に注意なさってね。



私に過去の償いをしたい時は、次のようなことをなさるといいでしょう。

1. よく考える。意訳し続けてきた苦労を、嵐もしてくださったら、慰められます。

2. バリア協力。「作詞家」「嵐と付き合っている」で、かなり守られています。人は近付きにくいし、『付き合えるかも』にもなりにくいでしょう?

3. 勉強。どれ程私は喜ぶでしょう。最高ですね!



要するに、私の心の傷が深いとしても、何とかなるということ。安心なさってください。絶対に私を妊娠させないでください。今この場で約束出来たものとし、喧嘩終了宣言致します。
posted by ポポラマチニ at 13:16| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする