2019年12月03日

3 つの変化へのお礼

二宮 和也様へ
和也様の新しい試みの即効性に驚いています。今日は、これまでに把握している 3 つの変化について、お礼を書かせていただきますね。



1 つめ。ポポラマチニの変化。

11 月 29 日、老舗デパートへ出掛けました。1 年前に母が持って帰ってくれたパンフレットに、目的地が 3 F にあると書かれていました。ところが、3 F にはありませんでした。新しいパンフレットに、5 F にあると書かれています。ありました。しばらく座って待たされました。ちょっと話を聞いてくれたかと思うと、1 F で受け付けるとのこと。エレベーターで 1 F の目的地に案内されました。

11 月 30 日、本日のランチを初めて行くお店で注文しました。同じものを注文した母には届きました。私には届きません。『忘れられているのかな?』と、少し不安になりましたが、「いいよ。召し上がって」と言い、この日行った他のお店についてスマートフォンで記録を残しながら待ちました。

大抵、どこへ行っても感じのいいことしか起きません。それだけに、2 日間の変わった出来事はまるで和也様にご報告するために起きたように思いました。どちらの出来事も、怒っていいはずのことですよね? でも、怒る気持ちが少しも湧いてこなかったのです。『母と 3 F も 5 F も 1 F も歩けて、嬉しいな』『帰ってからすることが出来上がって良かったわ。こちらでゆっくり出来ていいなぁ』と、笑みを湛えて(たたえて)いました。母は、すごく怒っていました。

2003 年の悪夢の日々から、毎日、毎日、恨み・憎しみが付いて離れなくなっていました。もう二度と、私には戻れないと思っていました。死ぬまで、いえ、死んでも、続くと思っていました。どんなに努力しても治らなくて、苦し過ぎて、たまらない思いをしてきました。



2 つめ。嵐の 4 人の変化。

翔様の T 君のっとりは、和也様の T 君のっとりより、種類が随分マシです。マシでも、大変なことです。翔様が不安を抱えていることは、直接相談を受けたことはありませんが、もちろん存じています。あの私がこの私の心に傷を負う挑戦を見守ったように、ポポラマチニが翔様の新しい試みを見守る可能性は残っています。止めることが、許されません。和也様を行かせたように。

でも、しなくて済むなら、しないに越したことはないです。和也様のお陰で、4 人から T 君の興奮がのきました。翔様と雅紀様は、興奮がのいて、喜んでいらっしゃるように見えます。智様と潤様は、興奮がのいて、これまでの興奮にショックを受けていらっしゃるように見えます。4 人を助けてくださって、ありがとうございます。経過を見守ります。



3 つめ。和也様の変化。

本当に大変だったでしょう。すべてを受け止められなかったことで、私は私を責める時が 11 月にありました。でも、その気持ちは許されないことだと解っています。止めました。

かっこいい特殊能力者になられましたね、和也様。



過去に起きたすべてを幸せと言いつつも(http://viviyanri.seesaa.net/article/417180666.html)、それは神秘的な考え方ですね(http://viviyanri.seesaa.net/article/468843514.html)。

人間的な考え方で、私は、たった数十秒で語ってしまうのが怖かったのです。話す相手に興奮のっとりがあれば、「その程度のことで、つらがっていたのか?」なんて、言われるかもしれませんしね。起きたことはちょっとでも、前後があります。前後を話さなくても、和也様、そして新しい嵐の 5 人になら、解っていただけると感じました。

和也様、聞くだけ悲しくなってしまうはずですが、私はいつでも 5 人に話す覚悟が出来ていますよ。聞く場合は、小声をお許しくださいね。
posted by ポポラマチニ at 17:05| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

パンカレーと雅紀

ひどい睡魔は、殺人鬼。しばらく、ずっと、無かったと思う。でも、2019 年 12 月 4 日、5 日、ひどい睡魔に襲われた。

雅紀様が司会の FNS 歌謡祭が始まる。嵐の 4 人も会場で座っている。寝ちゃダメ。しっかり見ておきたい。ギリギリの状態は続き、クリスマスソングメドレー後の嵐の歌を最後に眠った。22 時過ぎだと思う。

翌日の続きの録画鑑賞で気付いた。雅紀様が暗号的な風を発しなくなっていることに。歌って踊って疲れただけかもしれないけれど、こちらの眠りに気付いて止めた可能性も高い。何の挑戦にもリスクがありがち。雅紀様はリスクから守ってくださっていた。



『もしも私が歌手だったら、雅紀さんの司会する音楽番組を、一緒に盛り上げるために歌うだろうなぁ』と、想像出来た。たとえ持ち歌が哀しい歌でも。

そこから、『和也君が司会だったら、深刻に哀しく歌ってみたい』『翔ちゃん司会なら、少し明るめに』などと想像出来た。智様・潤様の司会を想像することは避けた。番組作りする方々ならどんどんなさっていいけれど、部外者の私がすると良くないと思ったから。



雅紀様に楽しい助言。作詞 2014 年 7 月 7 日+10 日分を、福岡から戻ってきたら改めて読んでみて。「予」から「だ」までの 2 番に注目してみて。司会に効きますよ。



2019 年 11 月 11 日、目白駅周辺で 1 つめの用事をした母と私は、2 つめの用事をするためにバスを待った。バス停の近くに、何だかとってもおいしそうな「パンカレー」がある。今度行こうね!

23 日、嵐にしやがれの後の予告で、とっても似たパンカレーを見る。もしや! 絶対、目白のあのパンカレーな気がする! これは、放送前に食べておきたいよ!

26 日、「伴茶夢(ばんちゃむ)」でパンカレーデビュー! 4 人席。母は階段が見える席。私は階段を背にした席。2 人共、通路側に着席。傘袋を用意してくださる、温かい喫茶店。

30 日、やはり、伴茶夢が嵐にしやがれに出た!
posted by ポポラマチニ at 16:16| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

神秘的な高層ビル

翔様、今朝のユメ、最高でした…!

ユメ 2019 年 12 月 4 日分で、潤様とポポラマチニが和んでいる様子を、傍から熱心に、じーと見ていた翔様が一言。「俺、全然興奮しない!」。ほ、ほんと?、翔ちゃん。無理してない? ご自身に嬉しそう。本当らしい。

ユメ 12 月 10 日分の舞台は、東京駅近くの架空の高層ビルと思われる。翔様もポポラマチニも、お揃いではない濃いグレーのスーツを着ていた。歩きながら、会話が弾む。今までとは全く違う雰囲気で。大人だ。神秘的だ。天井がとてもとても高くて、向上心を全部受け止めてくれそうな建物。翔様の報道の仕事振りを讃える(たたえる)会話だったのだが、話を聞いた翔様が勢いよく吸収していくのが分かるのだ。興奮が邪魔しない。エレベーターの前に、スーツの和也様の後ろ姿が見える。そこへ向かい、共に高層階を目指そう。



改めて ♪Turning Up FNS 歌謡祭 2019 年 12 月 4 日分を観ていると、嵐の 5 人の軽やかさに驚かされます。本当にすてきになられましたね。

♪Sakura(2015 年 2 月 25 日〜)から潤様のダンスの上手さ(じょうずさ)にも注目しています。今回も、軸がしっかりしたダンスを見せてくださいますね。

智様の弱点は 1 つだけですね。ポポラマチニを神秘的に思い過ぎて、表情が硬くなりがちなこと。智様も、本来神秘的な方なのですよ。でないと、あの私が彼氏制度を許可してくれるはずがなかったのですよ。いつもポポラマチニを、『すごい…! 神様だ…!』と思ってくださってありがとう。ポポラマチニも、智様を時々そう思いたいわ。楽しみにしていますよ。



潤様! 今日、AKOMEYA TOKYO へ行ってきましたよ!(http://viviyanri.seesaa.net/article/471615447.html

DSC_0045.JPG

お餅を買ってきました。



ずっと前から思っていたのだけど、潤様どころではなくて(http://viviyanri.seesaa.net/archives/20190830-1.html)、雅紀様のテレビでの様子と、ポポラマチニ作詞での様子の、差は大きいですよね。『歌うのが一番難しいのは雅紀様かな…?』と、思ったことも多いです。そんな過去の予想をよそに、自分のものになさっているのかしら?

最新作をお送りした和也様は、どの程度、作詞を喜んでくださっているのか? ここも、ポポラマチニの予想だと、こちらが思うより、ずっと上かな。作詞の世界観が人生になるくらい? それくらい大きなことと捉えていて構わないですか? 必ず期待に応えますのでね、いい日をお待ちくださいね。
posted by ポポラマチニ at 19:18| 東京 ☁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

作詞代金用口座

坂本 昌行様 と 嵐の 5 人へ
今日の午前中に閃いた、いいアイデアです!


いずれポポラマチニに送る作詞代金を、しばらく保管しておくための口座を、開設してください。



・銀行などで。
・まだ誰も思い付いていなかったアイデアとして書かせていただきました。
・今日から、6 人全員が作詞代金用口座を作ったものとして、話をさせていただきます。



現在お手元にある作詞の、作詞代金を、まずはその新しい通帳でご自身が確認出来るように、入金してください。

作詞が複数ある場合でも、一度に口座に預けてくださって構いません。「この作詞は x 円ね」と分かるメモさえお持ちであれば構いません。
posted by ポポラマチニ at 15:04| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

夜の闇の住人

嵐へ
2019 年 12 月 11 日は、朝 4 時から家でごそごそ、外でばんばん、動いていた。FNS 歌謡祭も、夜 11 時 30 分くらいの最後まで普通の体調で見た。


雅紀様、今週もありがとうございました。すてきでした。(http://viviyanri.seesaa.net/article/472043217.html



日に、何度も、何度も、ある人が母や私に取り付いてくることは報告しておくよ。初期は嫉妬・怒り・憎しみ・殺意だったかな。11 日くらいからは、それよりも後悔・恐怖が強くなったね。思ったより早い思考の展開だから、用事を果たせるまで関係を保てるかが、私は気掛かりだよ。

でも、いいお知らせがある。昨日の作詞代金用口座アイデア(http://viviyanri.seesaa.net/article/472276968.html)は、浮かんだ時からわくわくしていたの。早速、その夜、いいことがあった。ずっと探していた、T 君を狂わせたものを見つけたんだ。



VS嵐 2019 年 12 月 5 日分では、和也様の手品力に驚かされた。前よりすごくなっている!? 多方面に人生を掛けられる感じが、かっこいいんだよね。これで読書家になったりしたら、私を安心させる力まで出来てくるから、夢みたいね。

ビビヤンリー 2019 年 12 月 10 日分( http://viviyanri.seesaa.net/article/472208511.html)で、作詞したくなって、出来た? そんな気がして嬉しかったの。当たりかハズレか、4 人にはこっそり伝えてね。ハズレでもいいの。私が幸せで、5 人が真実を知っていく力を身に付けてくれたらいいの。



VS嵐 2019 年 12 月 12 日分で、智様の話す声がきれいになっていることに気付いた。元々きれいよ。もっときれいになった。

思い出したから話しておくけれど、英語は出来る範囲でやや高めの声で発音した方がいいんだって。これは、英語の先生から聞いた話じゃなくて、あの私的な神秘的なお告げで。渋い声で話すのもかっこいいよね。でも、外を歩けば全員善人な世ではないから、高音気味の方が何かといいらしいよ。私は、どの言語もやや高めを意識して話しているんだ。それだけで、身を守れている気がする。



潤様の大変なクリフクライム、心にジーンときました。

昨夜判った人の感情は、潤様と私がすごく仲良くなりそうで怖いらしいよ。でも、どうかな、騎士だからバランスがいいのかもね? メンバーがいなくて、1 対 1 だったら、「俺様」が強くなっていくんじゃない? 私の勘違い? 私には「作詞」という盾があるから、何の心配もしてないけれどね。作詞無しでも大丈夫と信じてるよ。



今年の news zero でのネクタイで、やっぱり猛烈に好きなのは、10 月 14 日分です、翔様。

デパートのネクタイ売場もちらちら見ているけれど、あんなにいいものはまだ。ワンピースに、より似てきたんですよね。(http://viviyanri.seesaa.net/article/470754463.html


posted by ポポラマチニ at 18:56| 東京 ☁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

ベルベットの智

人の趣味を破壊し、自分の趣味を大事にする、おばけちゃん。『おばけちゃんになってしまうかも』『なりそう…』『なっちゃった…?』辺りだと、まだ救い主の「あの私」がいてくれる可能性が高い。

あらゆる警告をしたはずだ。それは、きっと、周囲の人々の声を通して。時にいじめのように感じさせたりもしながらも、あなたを守りたくて、必死で。

でも、無視した。もう助けられない。『なんであんな奴が生きてるの!?』と、あちこちから恨まれ憎まれながら生きるのが、おばけちゃん。死なないのは、誰かの成長に役立つ材料になるため。

こうなったら、おばけちゃんは、割り切って生きるしかない。これ以上、悪い感情,欲を持たないようにして、与えられた任務を負うのだ。誰かの成長に役立てば、いい時にちゃんと解放される。狂気に追い掛けられる心配もない。新しい人生を生きられる。きっと、もう、おばけちゃんではない。あの私だって、きっと戻ってきてくれる。



今朝のユメで、私はスタッフと共に智様を探していた。もうすぐお芝居の舞台が始まるのに、主演の智様がどこかへ行ってしまったのだ。

「大野君…! 大野君…!」

どのスタッフよりも、私の声が大きくなった。少しの明かりしかない暗い舞台裏で、私の声が悲しく響いた。

『大野君まで失うのが怖い…。…誰も失ってはいないんだけども…!』

あ…! 振り返ると、いつの間にか、智様が準備万端で立っていた。今日の茶髪もきれい。油でしっかり整えた、珍しい髪型。黒のベルベットのジャケットを着ていた。

…今日も、私と目を合わせてくれない。



智様は、私の物の言い方,考え方が、苦手? 私自身、言い出したら切りがないほど、実はほぼ全部、嫌だったりするの。人間的な行いを 1 に抑えなきゃいけないんだ。でないと、体が悪くなる。神秘的を 9 にしなきゃいけないんだ。(http://viviyanri.seesaa.net/article/468843514.html)この世では目立つし、あの世では落ち零れ(おちこぼれ)だろうし。この世の方がマシかな。最近そんな気分よ。

これまでの智様を見てきたことから想像するに、私に不満はなくて、ご自身に思うことがある…のかな?

全部解ってるって言っても、全部判ってるわけじゃないよ。(http://viviyanri.seesaa.net/article/464280243.html

智様が悪く汚い考えを持っていたとしても、私はそもそもそれを信じないんだよ。拝み屋さんが T 君を悪く言った時も、信じなかった。恋して馬鹿になってるんじゃなくて、拝み屋さんにも見えない後ろが判るからなんだよ。

笑って、智さん。



昨日、10 時 45 分くらいから、一人で出掛けていた。2 時間後くらいに家の近くの横断歩道に来るまで、私はすっかり 11 月 13 日の朝から知っていることを忘れていた。何も変わらない、今まで通りの幸せがあった。

つらさがいっぱいになった。日に日に深刻になっているのかもしれない。だけど、確実に成功している。だけど、私が救われることは間に合わない。体は大丈夫だけど、心がギリギリ。だけど、きっと、私は幸せなんだ。

嵐の 5 人も、きっと、日々「一番幸せな日」を更新し続けているに違いない。幸せを信じることが、私の得意なことだ。だって、これはハズレたことがないのだから。
posted by ポポラマチニ at 15:21| 東京 ☔| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

オホーツクを見たカレー

DSC_0067.JPG

DSC_0068.JPG

昨日のランチは、「オホーツク流氷カリー」を半分こ。マリンブルーカリーよりホワイトカリーの方が、ちょっと好きさが上。でも、どちらも好き。大切なカレー。

ご自身の愛情をコントロールしたい方に、お薦めします。



数多くあるデパートの中で、ポポラマチニが東武百貨店 池袋店を特に支持しているのには、幾つかの理由がある。

1 つ、ご紹介したい。こちらは、広過ぎて歩き回るのだ。そこが逆にいい。道路は、車,自転車,歩きスマホ,工事に加え、最も注意すべき悪い男達が使っている。散歩しても、精神がどこかピリピリし通し。デパートの中なら、危険が少ない。商品を見ながら歩けて楽しいし、店員さんの目があるから安心する。面白いけれど本気のカレーも買えた。B2F eatobu「北野エース」かしら?



和也様にお伝えして、安心していただきたいことがあります。過去の発言「ユメなんか見ないよ」を気になさっていますね?

あちらは、よくユメに出て、ポポラマチニに喜ばれている和也様がおっしゃるという、おかしな発言でした。『せめてユメだけでも』というポポラマチニの心を深く傷つけました。『ユメで会える』という特殊な奇跡を全否定されました。

『ユメなんかじゃなく現実で!』という、和也様の強い要望だったとも取れます。しかし、ユメにより、ご自身の評価が高まる心地好さを体感なさっていたはずです。あの発言は、T 君そのものですよ。のっとり T 君に嫉妬されたのですよ。

賢い和也様です。ポポラマチニにユメが必要なことくらい、解っていらっしゃいました。わざわざ嫌われる発言をするはずがありません。

ユメに悪い状況が出たとしても、鵜呑み(うのみ)にすることはありません。考えるきっかけです。どんなことがあっても、和也様を信じると、心に決めて今に至ります。



自分の意思で物事を選択し実行している感覚が、この数日間の内に発達しました。

嵐の 5 人も同じ思いだと思いますが、靴屋さんに行く件、成功させたいですね。作詞は口座で大解決したという実感があります。足元の靴を、神秘的に取り組みたいですね。

5 人が普通でいられたらいい。ポポラマチニが元気でいられたらいい。ゴールはすぐそこ。『5 人を選んで良かった』と、日々、常に、感謝しています。智様、和也様、翔様、潤様、雅紀様、本当にありがとうございます。5 人をずっと守れますように。
posted by ポポラマチニ at 19:35| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

新世界の営み

相葉 雅紀様へ
どこかのお店に出掛けることになったら、その近くに「望みの場所」はあるか、自主的にインターネットで探します。そちらにも行くようにしました。12 月 20 日からです。


今年の目標「雑貨屋さん巡り」は、気持ちがしっかり入る時のみ数えてきました。12 月 10 日の AKOMEYA TOKYO が第 13 回目となりました。

衣食住恋遊美の美に纏わる(まつわる)ことで、4 つがんばっている(がんばろうとしている)ことがあります。4 つとも、私にはエネルギーが要ることです。去年から 1 つずつ始めていきました。今年の 9 月 26 日から、勢いを増してがんばれるようになりました。

今お伝えした 3 つは、12 月に急速に、穏やかに生活に溶け込んできました。『これで終わり!』と決着をつけるために始めたつもりでしたが、習慣になりました。

12 月 22 日、変化に慣れました。



雅紀様があらゆる人々から嫉妬される危険を危惧しつつも、「あなた様なしの作詞家活動なんて、考えられません」と気持ちの大きさを伝えることを優先させていただきました。雅紀様にあらゆる動揺を起こさせてしまったことでしょう。その点については謝ります。

だけど、言えて良かったです。私は、どうしても、本来の雅紀様にお会いしたかったのです。お寿司を握る雅紀様も、正に、そのお姿。すばらしい感動を相葉マナブで見せてくださって、ありがとうございます。



12 月 22 日に、もう 1 つ、感じたことがあります。私、嵐の 5 人を信じることが、容易に出来るようになっています…! こんなに 5 人のことが解決するなんて…! 本当に嬉しいです。

23 日、5 人に強過ぎる向上心があると、私が不安になりがちなことに気付きました。どうするといいでしょうね? 5 人が不安・心配を抱えたまま近未来を思い描くために起きるのでしょうか? 幸せを望まない者達が不安がるのでしょうか? 今挙げた 2 つも、注意するといい点にはなるでしょう。より、もっと、シンプルに考えてみますね。

『嵐の 5 人の望みと、ポポラマチニの望みは、完全に一致しました。安心してください。もう叶っています』

5 人は、既に叶っていることに気付きにくい環境にいるだけなのですね。雅紀様の冴えたアイデアで、メンバーを救いましょう?



変化に慣れたのも、5 人を信じることが容易になったのも、長年の経験のお陰です。まだまだ下調べの不足している分野があります。1 つずつ、学んでいこうと思います。

雅紀様、お誕生日おめでとうございます! 私に足りない力を貸してくださって、ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。
posted by ポポラマチニ at 03:29| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

2020 年を前に

2020 年 1 月中旬まで、多くの衣類を本気で見つめるだろう。

2019 年 12 月 10 日の珍しい麺を機に、超少食期(http://viviyanri.seesaa.net/article/465471301.html)に入ってしまった。気が乗らず、おせちを買わなくて、本当に良かった。さぁ、ちょっとを楽しもう。

憧れしかない住まい。叶わない夢が無い空間。



2019 年の目標は大成功した。2020 年は、どうしようか? 

『何か今までと全然違うことしてみたい』

と、嵐にしやがれ 2019 年 11 月 9 日分の鷹匠(たかじょう)を拝見した時から思っている。思ってはいるが、思い付かない。保留しよう。

『人の物語を、愛したい』

今も、人の作った英文を、じっくり読んでいる。それ以上のことは、近未来の私と、いい影響を与えてくれる人々に任せる。

『人の物語を、まっすぐに見つめる』

たまに、愛したくないものもあるだろうから。これにしよう。人の物語を、まっすぐに見つめる、か。良さそう。



美しい心。大好きな街。どこまでも幸せが続いていく。
posted by ポポラマチニ at 07:21| 東京 ☁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

母と私の職人展

2019 年 12 月 27 日。この日、私達は、あくまでも食料品を買うために東武百貨店 池袋店へ行ったのだ。8F 催事場「第 18 回 日本の職人展」は、「ちょっと見てみたいね」「すぐ帰ろうね」の予定だった。


ところが、会場を歩き出してびっくり。「どこに行けば売っているんだろうね?」「誰も作っていないかも? かと言って、私達では作るのが難しいしね」の商品が並んでいたのだ。予定外の出費。喜びが溢れた。



特設カウンターで、抽選にも参加。気合いを入れて 3 回挑戦したが、白。もう一度、買物で抽選権を得られた時、当たる気しかしなかった。私が確信を持つ時とは、『当たってもいい。当たらなくてもいい』が、幸せに満ちた感情になっている時なのだ。

「こういうの(回転抽選器)で当たったの、初めてです!」

赤・青・白の玉が出たかな? 「松」「竹」の棚から好みの商品を持って帰れた。



DSC_0083.JPG
こちらが当選品。

「松」で、緑のスカーフ。ここのところ、家の中で使う緑の、スカーフ,首に巻くタオルが、寒さ対策や色のきれいさで便利だったのだ。これからは、外でも巻ける!

「竹」で、赤のお盆。前々から欲しかったもの。「また落ち着いたらね」が長引いて買えていなかったもの。木目が目立ちにくい方が好みなので、2 枚ある内からこちらを選ばせていただいた。



東武百貨店 池袋店、ありがとう。すごく楽しかった!
posted by ポポラマチニ at 08:41| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする