2016年05月01日

ビビヤンリー 2016 年 4 月 28 日分

5 人へ
私が落ち込んでいないか、心配なさっているんじゃないかしら? 確かに少し落ち込んでいるけれど、大丈夫です。

私も 5 人が落ち込んでいないか、心配していました。心配されているのはきっと私の方だと閃いた時が、温かくて温かくて、嬉しかったです。
posted by ポポラマチニ at 22:47| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

考え方 「楽しい!」分

5 人へ
嵐を支えるビビヤンリーから、ビビヤンリーを支える嵐に様変りしましたよね。私が気付いた日は、2016 年 2 月 1 日です。

だから、「楽しい!」と思う過ごし方を日夜探求なさっていることと思います。本当にありがとうございます。

ここで一つ、注意点をお伝えします。「楽しい!」と思う 1 秒を続けられたとします。ところが、ある時不意に失敗することがあると思います。災いは、災いを起こすことが仕事です。それらが幸福に焦って必死になるためです。

でも、大丈夫です。下界に招かれたような気持ちから、新世界寄りの気持ちへ動けます。どこかに「楽しい!」があるためです。何度も成功と失敗を繰り返すと、丈夫な気持ちが作られます。早い回復が叶います。
posted by ポポラマチニ at 15:10| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

NEWS ZERO 2016 年 5 月 9 日分

翔様へ
2016 年 4 月 20 日、あなた様がロボットスーツ「HAL」に出合った日、私は片道 1 時間往復 2 時間を元気に歩いていました。

前日、地図を見て歩き方を暗記します。「スーパーマーケット J 店、交番、K 坂、信号…」という風に。当日、その甲斐があり、迷わず知らない街を進めました。

喉の渇きにも、すばやく合図が訪れます。和菓子店の窓ガラスに、自動販売機が映ったのです。進向と逆の位置に設置されていたので、逃してしまうところでした。「ぐんぐんグルト」という体に嬉しい甘さを 、100 円で購入出来ました。

緑豊かな安らぎの歩みと、脳・神経・筋肉の繋がりが強化される歩み。私の奇跡が、あなた様の報道で、更に輝き始めました!
posted by ポポラマチニ at 08:34| 東京 ☁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

嵐にしやがれ 2016 年 5 月 14 日分

和也様へ
私は父のことが嫌いです。一度も好きになったことがありません。今後も永遠に嫌いです。

もちろん、憎んでいません。もちろん、感謝しています。だけど、母に妊娠・出産させた男ですから。どうであれ、母の体を傷つけたには違いないでしょう? 誰が父でも嫌なものは嫌です。

娘が父を嫌うのは、必然に思えます。これを深く理解した思想に出合えず、私は今日まで苦しんできました。

嬉しくて、何度も何度も観ました。すると、ビビヤンリーに書く勇気を持てたのです。

私と、私と同じような境遇の読者様が、助かることを願います。

あなた様はいつもすてきです。小悪魔ちゃんより。
posted by ポポラマチニ at 20:18| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

メッセージ 広島と東京の空分

5 人へ
いつも私の味方でいてくれて、ありがとう。会ってからのことも、全然心配していませんよ。愛情面において、全面的に信頼していきたいと考えています。

私にとって 5 人は「彼氏」か「騎士」ですが、5 人にとって私は「彼女」で合っているはずです。他人からの質問にも、遠慮なくお答えくださいね。

夕方、オバマ大統領も安倍総理大臣も広島も、かっこよかったですね!

18:49 に撮影した東京の空です。上の階のベランダがおかしな黒の正体です。すぐに美しさに出合えないのも東京の魅力? では、またね。


DSC_0116~2.jpg


posted by ポポラマチニ at 19:52| 東京 🌁| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

プライベート T 君分

智様へ
昨夜、私の脳はとても穏やかでした。「どうしてこんなに穏やかなのだろう?」と思いました。何かすごく重大なことを忘れている気がしました。

「あ、T 君が死んだんだ」と閃きました。T 君の母である E さんも亡くなっていることが、その後何となくわかりました。

彼らの妄想を長年まのあたりにしてきた私の見解は、彼らの死を「良かった」の一言にまとめられます。

運命が変わりました。私は生まれてくる度、T 君を葬式に呼んでいたのです。今世、初めて T 君が先に亡くなりました。

人の命は、良くも悪くもかなり大きいですね。浄化を通して、この現実を思い知らされました。
posted by ポポラマチニ at 13:37| 東京 ☀| 謎の手紙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする